2015年は指輪タイプのガジェットが色々と登場しそうなので、発売済みを含めてスマートリングと呼ばれているガジェットをまとめてみたいと思います。

Nod_Glamour-shot best-smart-rings-fin-ring-640x640OZON_2Ringly NFCRING-NTAG203V1NORMALTBT8b_1024x1024  GeakRing GalaRinglogbar-ringMOTAsmartyring

並べてみると、デザインも色々、機能も色々、いっぱいありますね。

まず、指輪タイプでもジェスチャーなどのコントローラとしての機能と、簡易的な情報端末としての機能、NFCなどの
キー情報を保有してアクセスキーとなるタイプの3方向にベクトルが分かれているように思われます。

機能ベクトル 製品名 開発元 価格 リリース日※ URL
制御系 端末系 情報系
ジェスチャ 振動 Ring Zero Logbar Inc. ¥16,900 2015年4月30日 exlink
ボタンを押してジェスチャ認識するタイプ。初期Ringはプロトタイプと位置付けます。
ジェスチャ
センサ
Nod Nod, Inc. US$149.00 未定 exlink
タッチセンサとジェスチャの組み合わせ自在なデバイス。開発版は1月後半から発送済み、2014年秋リリース予定でしたが、正式リリースのアナウンスは現在のところありません。
ジェスチャ Fin Fin Robotics Inc. US$120.00 未定 exlink
詳細不明ですが、ジェスチャ認識で制御するタイプ。現在プレオーダー不可ですが、開発版もまだ作成中と思われます。
ジェスチャ 振動? NFC? OZON 16lab 未定 2015年夏予定 exlink
機能の詳細はまだ不明点が多いですが、ジェスチャー対応および着信等に連動した日本発のリングで、電子決済などにも対応した多機能リングのようです。
液晶 MOTA US$150.00 2015年6月予定 exlink
着信やメールなどSNS連動タイプのリング。プレオーダー中は99$で注文できます。
センサ 液晶 Smarty Ring 会社名不明 US$275.00 不明 exlink
2014年春発売を謳いつつ1年経過、ほぼ音沙汰無しなので、どうやら幻想だった様です。
振動 Ringly Ringly Inc. US$195.00 2015年夏予定 exlink
ジュエリータイプで、メールや着信に連動してバイブで知らせてくれます。女性向けデザインが特徴。
NFC NFC RING McLear Ltd. US$45.52 2014年8月 exlink
文字通りNFCでスマホのアンロックや情報交換、ドアの解錠などに対応したリング
NFC GEAK Ring 上海果壳电子有限公司 不明 不明 exlink
2013年グッチの指輪みたいだと一部で話題になったNFCリング。発売前に終了?しているようです。
NFC GALA Ring MAX TEAM 不明 2013年 exlink
どこかで見た気もするデザインの中国製NFCリング。こちらは一部でまだ買えるところはあるようです。

※リリース日は実際の商品発売日を指します。

情報表示・連動系の端末に関しては、指輪である必要があまりなく、この路線は最近発売されたApple Watchやバングルなど
選択肢の一つという位置付けになるかと思います。

NFCに代表される情報キーの代替となるようなタイプも既存のものを指輪のカタチにしてみたという点では新しい技術とは
言いがたい面もあります。

やはりジェスチャなどの制御を行うタイプがこれまで実現が難しかった部分でもあり、注目されるところではないでしょうか。

ウェアラブルデバイス全体で考えていくと、情報端末のあり方に一つの方向性が見えてくるように思えます。
一昔前だと自宅にはPC、外出先は携帯とノートPCでしたが、今は外出先ではスマホあるいはタブレットがあれば十分な
ところまで近づいてきています。
そして、ここにきてウェアラブルデバイスです。

基本的にスマホやタブレットは鞄やポケットに入れたまま、着信やメール確認などGoogleGlassのような
グラス系デバイス+ハンドセットで対応、切り替えなどの操作は指輪タイプのジェスチャーデバイスで
コントロールといった利用シーンが日常的になってくるかも知れません。

マーケティングのイノベーター理論に合わせると、2015年から2016年にかけてちょうどイノベーターから
アーリーアダプターの転換期になるのではと予想しています。
とすると、デバイスが続々と登場している中でキャズムを超えられるのかを考えると、どれだけの利用シーンが
ひとつのデバイス、またはデバイスの組み合わせから想像できるかがひとつの鍵になってくるように思えます。

これはモノのインターネット「IoT」というキーワードからも、流れとして読み取る事が出来ると思います。

弊社にはハードウェアのデバイスを開発するだけの能力はありませんが、ソフトウェア面でサポートする事は出来ます。
これからの動きに注目しながら、面白いものを作っていけたらと思うとワクワクしてきますね。